2015-08-16

Eyebrow




人それぞれ、眉毛遍歴というものは振り返りたくない過去みたいなものだと勝手に思っているのですがどうでしょうか。まずは細くするところから始まって、どこまでつりあげるかまでいくと今度は短く、とにかく薄く、最後は全剃り。本当です。若さって怖い。
そこまでいくと今度は興味を失い、何もしない生まれたまま期を何年か過ごし、前髪を伸ばし始めると放置するわけにもいかず、なんとなく気にはする程度で、形を整えるほど眉毛の密度がないので形もほぼそのまま。一度アナスタシアに行ったときもそこまで形は変わらなかったので間違ってはいないんだと思います。太くて短めタイプ。
全体的に薄くてボヤッとしているので描くというよりは色を足すかんじ。

・RMK Eyebrow Gel
・Addiction Eyebrow Brush
・MAC Small Eyeshadow

MACはアイシャドウ、ナチュラルに影がつくので使いやすくてずっとリピート。たまに眉ブリーチもするのでどっちの状態でも浮かない優秀な色です。
Eyebrow GelはRMKで違うアイテムを買ったときにおすすめしてもらったもの。薄いからカットしないほうがいい、毛が流れないように固定して、とのことだったので言うとおりにしています。たまに忘れると毛がてんでバラバラでヒュルリラして地肌がチラリしているのでやっぱりとても大事なアイテム。
Eyebrow Brushは太眉派に大絶賛されているAddiction。ザクザク眉毛が増えるイメージで使えます。



左がAddiction、右が専門学校時代にアイブロウブラシとして支給されたもの。
比べるとものすごく幅広です。そのおかげで真っ直ぐかけるし眉頭をぼかすのも簡単。

連休前から瞼の調子が悪く、塗り薬とアイメイク禁止辞令が出たので、目も素で夏休みを過ごしました。会う人々に特に気づいてもらえなかったのが現実です。あまり変化はなくても好きなアイテムを使ってメイクをする行為が好きなので大丈夫です。
ただ眉毛はそのままだと本当に貧相なので、そこだけはきちんと縁って行きたいと思います。
明日から仕事、眉頭多めにのせて少しでも意思強めな顔になるよう、まずは気持ちから盛り上げていかないと。




No comments:

Post a Comment