2017-06-12

ぼくらの頭脳の鍛え方



本屋さんが好きです。急いでいない限り、通り過ぎることが出来ない場所。新刊はもちろん、陳列の仕方で今まで読んだことなかった本が急に気になってきたり、その時の気分によって手に取ってみようかなと思う本が違う。あるいは、知りたいと思っていたことが全然関係ないと思っていた本に書いてあったりする。それをずっとやっていると、今必要な情報や気分がなぜか分るようになる。あーこれ今の私に必要で読みたかった本だなーと思えることが続く。「それ単なる偶然でしょ」と言われたこともありますが、まあそうかもしれないけれど、同じようなことをしている人の同意は得られるはず。一冊ずつ纏っている何かしらのオーラがある。だからしばらく本屋さんへ行かないと何を手にとっていいかわからなくなるんです。まさに勘が鈍る。そうならないように習慣的に本屋さんを訪れます。
好きでよく行くのは青山ブックセンター。“検索でたどりつかない、本とアイディアを。”を見てからお店に入るので、「よっしゃー探すぞー」と意気込みます。そんなわけでけっこうピリピリしながら本を見ている私。平積みされている新刊から、本屋さん独自のおすすめコーナー、並んでいる背表紙まで、何かに呼ばれていないかを感覚を研ぎ澄ましながら練り歩く。(だから本屋さんで大きな声で会話している人たちが苦手、そっちに引っ張られてしまうから)青山ブックセンターは他の本屋さんでは見つけられなかった本が主張してくる場所です。なぜか新書を買う率も高め。そして何時間いても飽きないし疲れない。同じ本というものを並べていても他の本屋さんと違う場所と思えるからすごい。




「ぼくらの頭脳の鍛え方 必読の教養書400冊」立花 隆 佐藤 優

“今、何を読むべきか?どう考えるべきか?「知の巨人」立花隆と「知の怪物」佐藤優が空前絶後のブックリストを作り上げた。自分の書棚から百冊ずつ、本屋さんの文庫・新書の棚から百冊ずつ。古典の読み方、仕事術から、インテリジェンスの技法、戦争論まで、21世紀の知性の磨き方を徹底指南する。”


先日行ったときに持ち帰った本の中の一冊。佐藤優さんの政治や哲学に特化した本は、私の頭では読みたくても難しくて理解できないものも多いけれど、これはパッと開いたページに雨宮処凛さんのことが書いてあり、一瞬で引き込まれました。対談形式というのも読みやすいです。雨宮処凛さんの仲間が“麻生邸見学ツアー”をやってパクられた時に助けを求めたのがパクられた経験のある佐藤さんであったり、どうしてロリータの格好をしているのか。ロシアでのコーヒーか紅茶を選択する意味。難しい本は自分の興味がある部分から取り入れていくと他の部分にもすんなり取り組める気がします。といってもここで紹介されている400冊は難解な本が多く、実際に手にとってみないとどれが読めるのかもわからないくらい。佐藤さんにピックアップされていて嬉しかったのは“沈黙”と“塩狩峠”、入ってるだろうなと思っていたので見つけてホッとしました。知っていたのはこの2冊のみ。
雑談も情報がたくさん詰まっているし、誰かの行動はこういった思想が元になっている等々、いかにそういった世界に無縁でありなんとなく適当に生きていることや、そもそもの基礎知識の無さになんだか情けなくなったりもしつつ、それでも面白く読めます。

ネットでもたくさん書籍や文章が読めますが、それでもやっぱり紙が好き。めくるという仕草、ふと開いた瞬間と偶然、マーキングのためのドッグイア、もう一度読みたくて戻ること。どれもインプットするために必要な行為だと思います。インターネットでバーっと検索することを“スループット”と表現されていて、まさにそうだなあと納得しました。スクロールするのと何度も本を読み直すのとでは、やはり記憶に残る度合いが違う気がする。あと小説はとくにその内容に合ったブックデザインや紙の質感、フォントや文字の大きさとかも含めて一つの作品として楽しみたい。子供の頃から図書館で本を探す、借りる世代なので余計にそう感じるのかもしれません。


“脳と読書・読字の相関は脳科学の世界では常識です。日本語の場合、平仮名があって、片仮名があって、漢字がある。それで音と文字と意味とがそれぞれ微妙にずれている。脳はこうしたずれがあればあるほど、その複雑さに順応するために高次の発達をとげるんです。だから日本人の脳はすごくいい脳になった。”(立花隆さん)


日本語に対してのすごく素敵な情報!

知識が溢れかえるほど脳に蓄えている人はもうその人自身がGoogleで、調べたいことを検索すると頭の中の引き出しが開いて必要な情報が出てくる、そんなイメージでした。
私も少しでも引き出しを増やせるよう、たくさん本を読もうと思います。





No comments:

Post a Comment